2011-12-10 16 views
1

私のCocoaアプリケーションはNSTextViewを使用しています。これはエディタアプリケーションの一種です。今10.6では文字の置換があるので、(c)は著作権になります。私のアプリケーションは10.6で置換を行っていませんでした。そして、私はそれのための追加のコードを追加しませんでした。しかし、10.7では置換が行われています。これはちょうどライオンに移行したクライアントに混乱を引き起こしています。私は、言語とテキストでチェックボックスを無効にするために、AppleScriptを書くことができることを知っています。しかし、他の選択肢はありますか? 私も試しました デフォルトは-g WebAutomaticDashSubstitutionEnabled -bool falseを書き込みます。ライオンで置換を無効にする

これも機能しませんでした。

+1

これはあなたの答えがあるhttp://stackoverflow.com/questions/8144784/turn-off-os-x-10-7-lions-auto-correct-feature-programmaticallyの欺瞞です。 –

+0

@JamesWilliams:いいえ、それはその質問の重複ではありません。その質問は自動修正について質問しています。これは置換について尋ねます。彼らは異なった特徴です:質問は言う通り、置換は10.6で導入されましたが、自動修正は10.7で導入されました。 –

+0

@PeterHosey - 正しい。 – Prashant

答えて

5

ココアでは、置換機能は「自動テキスト置換」と呼ばれます。 NSTextViewで無効にするには、テキストビューa setAutomaticTextReplacementEnabled: messageを送信します。

あなたのアプリケーションで無効にすることが本当に適切かどうかを検討する必要があります。あなたのエディタがコードやデータファイルで使用されることを意図している場合は、おそらくそれを無効にするべきです。ただし、テキストファイルを編集する場合は、デフォルトに設定したままにしておき、ユーザーが自分でその機能を発見できるようにするのがよいでしょう。アプリケーションがテキストやコードで使用されるテキストエディタである場合、そのファイルがどの形式であるかに基づいて設定することができます。たとえば、Markdownで有効にしますがPythonでは無効にします。

WebAutomaticDashSubstitutionEnabledの名前は、WebKitの機能であるため、この設定は関係ありません。 NSTextViewはAppKitの一部であり、WebKitを使用しません。また、NSTextViewでもサポートされている自動ダッシュ置換はa different featureです。

関連する問題